top of page

アニヴェルセル表参道  
ART WORKS

​※クリックで拡大

エントランスとなるハイテーブルが置かれる廊下部分は期間展示用の壁面となり、入ってくる人々の気持ちを高揚させる。 まず第一回目の作品ははやしまりこの色が美しい作品群を採用。

はやしの作品のシリーズでも色が象徴的に描かれた作品群。 
日々の暮らしの中で感じたり、 
恩恵を受けているものたちを 
色で表現した作品たち。 
透明度の高い絵の具(アメリカ製のアクリル絵の具) を重ね描かれた。 
その色の持つ美しさと 
タイトルが呼応するようである。 

「冴」は水とも、早朝の空気とも滝の水ともとれる緊張感のある透き通った印象

「香」は太陽の香りにも草の香りにもとれるそんな幸せで明るい印象 

「暁」はまさに暗い夜の中から明るい光が差し込み始めるその瞬間のドラマチックでありながら優しい印象 

「照」は、まさに陽の光に照らされて明るくそして情熱的な印象 

​※クリックで拡大

チャペル側のエントランスとなる一番最初の壁ともなる 
お出迎えの壁面も期間展示作品のエリア。 
第一回目となるはやしの作品は、表参道側と相反するように 色が比較的落ち着いた作品たち。 
まさにこれから時を奏でる場所となるチャペルにふさわしい作品群をチョイス。

はやしまりこの「FLOW」のシリーズの作品。 
FLOWのシリーズは初めて彼女が自身の作品を制作し始めた時に 生まれた重力を使用して描かれた作品のシリーズの一つ。

 
こちらの作品は麻のキャンバスの地をそのままにジェッソなどを塗ることなく 直接描いた。 
そうすることによって生まれる麻そのものの絵の具を吸い込んだり、また満ちて 滴るように流れるラインが、麻の力によって途中で止まり、また別のものは スピード良く流れる。

 
様々な要素がこの流れを作り出しているその様がまさに時を奏でているようでもある。 

​※クリックで拡大

先述にあった、はやしのFLOWのシリーズの作品に加えて、花のシリーズとの融合されたシリーズ。

絵の具に骨材を入れたもので描き、その上で透明度の高い絵の具で花を描き、重力によってさらに反応させる。 
花が何層にも咲き、その周りを風がそよやかに吹いている様のようにも見え、また動いているようにも 見えるような不思議な奥行きを感じることがでる。